夏でも冷え性体質のわたし

夏になるとかき氷が売れたりアイスクリームを食べる人が増えます。

わたしはアイスクリームだったら糖分補給のためとか頭をリラックスさせるためにたまに食べますが、かき氷はめったに食べません。

かき氷を子供の頃はよく食べましたが、大人になってからは夏祭り以外ではめったに食べなくなりました。

それは冷え性体質になってしまって、冷たいものを食べると全身が冷えて体調を壊してしまうからなのです。

子供の頃は喜んでかき氷をぱくついていたのに、大人になり冷え性体質になってから残念なことにたくさん食べられなくなりました。

かき氷は冷たいです。氷を削ってあるものに甘いシロップをかけただけのものなんですから、それはそれは頭がキーンとなるくらい冷たいです。

アイスクリームとはまた違った冷たさがあります。年々その冷たさが年齢を重ねた身体にはつらく感じるようになりました。

冷たい飲み物も一気に飲むとお腹の中がしびれるように冷えて、お腹の調子を崩すもとになります。

こんなひ弱な身体ではなかったはずなんですが、年々デリケートになっていくばかりなのです。