Articles
大天使ミカエル


Family of Michael



今 アセンションのどこなのか?

~アセンションの道~

Ronna Herman

2012 年 4 月10 日

こんにちはマスターの皆さん、自分の核になるエッセンス、本当の自分を認めてください。地球に住む単なる男とか女という人間ではありません。ハイヤーセルフのいろいろな性質を肉体の中にもって宇宙で孤立・点在する、そのような魂ではありません。友人の皆さん、あなた方は古代に名高かった、高貴な系譜があるのです。皆さんは(あらゆる可能性を含む)オムニバースという遥か彼方からやって来たスターシード、ウェイシャワーなのです。特別なミッションをもって送られてきたのです。そのミッションは、今急激に最高潮を迎えようとしています。自分が誰か知っていますね。何度もこのことについてお話ししてきました。皆さんは他の人たちよりは “よりましな人” だと言うつもりはありません。しかし、このメッセージを読んでいる人は、前線に踏み出して道を歩く後ろにいる人達と自分の叡智を分かち合おうとしています。通常の先生になって授業を受け持つ必要はありません。そうしたいのであったとしても、今回のメセージは非常に素晴らしい価値ある呼びかけになります。

人間という種が最初に地球に降り立ってから経験してきた様々な意識レベルは、次のとおりです。

「動物/人間」の性質、「人間/人間」の性質、「人間/スピリチュアル」の性質、「スピリチュアル/人間」の性質です。ここで私たちは、「人間/スピリチュアル」の性質と「スピリチュアル/人間」の性質だけを対象にしたいと思います。

 

「スピリチュアル/人間」の性質を向上させる

第1に、聖なる光の変換者であり光の所持者として、人として出来るだけ多くの創造主の光を引きつけてハートセンターから放つことが使命です。

第2に、どんな環境や状況においても自己をマスターする生きた実例にならなければなりません。真実がわかった場合にはその真実に生きる必要があります。

第3に、他の人と自分の叡智を適切な時に分かち合い、また一方、沈黙する時も心得ていなければなりません。

次第に多くの勇敢な魂がセルフマスタリーの道に進むと、高次4次元/低次5次元エネルギーを安々と自分に取り入れる一方、考えられなかった程の創造力を行使していきます。光の軍団である皆さんは、何千年も人類を縛り付け、現実に制限を加えてきた古いバリアや構築物を粉々にしている所です。お互いに交流する波の中で調和することと調和を壊すことについて知恵を出し合いながら、自分自身をもっとよく知り、周りの人についてもだんだん理解するようになってきています。多くの人が鏡になり合って目の前で現れることを見て驚いています。鏡に映る自分の姿がだんだん柔らかく、愛のあふれる優しいイメージを映し出しているのです。

ワールドピラミッド(WORLD PYRAMID) とワールドサーバーピラミッド(WORLD SERVER PYRAMID)について若干誤解がありました。

ワールドピラミッドは地球の誰もが利用できます。どんな時でも他の人に利他的な愛を持てる人はワールドピラミッドの中の永遠のエーテルレプリカを使えます。ワールドピラミッドは全人類のために創られました。そこに行って父母なる神、光存在、天使の力に繋がりたい人はそれができます。両親である神、最高の創造主と万能の天国に感謝と敬意を伝える場所です。聖なる最高の場所です。一なる至福を味わいながら、スピリチュアルな豊かさと聖なる愛を伝えたいという人に許される場所です。それを天空の偉大なカテドラルとも言います。将来、世界の宗教がもっと高度に進んで、父母なる神の教え、叡智を認め始める時にそこに多くの礼拝所が造られるでしょう。

しかし、ワールドサーバー(世界奉仕者)という一員になってワールドサーバーピラミッドに入るには、4次元の周波数をしっかり整え身につけていなければなりません。また、いろいろな5次元のエネルギーから成る高い周波数の決まりを身につけ始めなければなりません。聖なるハートでセンタリングし、創造主の威光であるアダマンティン粒子を自分の中に通さなくてはなりません。魂の歌が以上のように精妙になっている時には、自動的にワールドサーバーピラミッドに入ることができます。そこは5次元の一番高いプレーンに位置します。ワールドサーバーはまたスピリチュアルヒエラルキー(階層)と人間との中間地点でもあります。

世界奉仕者として、それぞれの人がアセンションの道にいて、自分なりの時間と方法で旅をすることになるということを常に心得ていなければなりません。まだ険しい谷の暗がりを旅する人たちに共感し続ける事が必要です。しかし、低い密度で展開する幻想世界のドラマに巻き込まれてはいけません。周りの事象を高い視点で見ることが極めて重要です。そうやって自分の聖なるハートの中心に居続けることが出来るのです。このハートが力のある箇所なのです。私たちの基本的な教えで記憶をリフレッシュしてもらい、この知識をあなた自身の光と叡智を知りたい人に伝えることができます。

 

人間/スピリチュアルな性質を伸ばす

自分の個性を大切にし、体のみならずメンタル、感情をも大事にすることが必要です。それをもってこの人生を始めたのですから。性別、人種、文化、家系は環境全体と一緒に、ベストな機会をあなた自身に提供して試練に直面させ、才能を伸ばし調和した状態に帰れるようにプログラムされたものです。そうやってセルフマスタリーを開始することができます。

3次元、低次4次元にいる人は、本当に見えないエネルギーのヴォルテックスの中にいます。しかし、このようなパワフルで低い周波数のパターンは今呼吸している空気と同じく本当にあるものなのです。声を荒らげることや怒り、大声などは低次のアストラルプレーンの実体や混乱、無秩序のエネルギーを大量に引きつけます。自分の考え方によく気が付いてそれを統率することが極めて重要です。そうして否定と混乱、無秩序ではなく、愛と何ものにも左右されない自立、利他的な思考というバランスのとれた世界に生きるようになります。

最初来るのは、アセンションの純化のステージです。夢から覚めて気づくという意識状態に入るようなものです。物事が違って見えてきます。聖なる不満と何らかの思考の種が心に入り込みます。やがて、パワフルなエネルギーがあなたの中に流れ出し、新しい考えや知識に触れて、人生の諸々の事を改善したいと願うようになります。また、ハートは普段接する人に対してもっと共感し思いやりが出てきます。そのような新しい感情が生まれるのです。また、分からないことを知りたいという渇望が感じられ始めます。

(訳注)聖なる不満:それまでの順風満帆の人生・生活すべてに嫌気がさしてくる状態。光の灯台「聖なる不満」参照。

意識が拡大し始めると、狭い視野で生きた人生が急激に変わります。あなたの魂自身が徐々に人生の監督者になっていくいのです。しかし、エゴ主導の体は容易にその力の行使を諦めません。エゴは長い間メンタルと感情を牛耳って来ました。

気づきがどんどん生まれると、祈りは、積極的な瞑想、控えめな瞑想へと形を変えます。アファーメーションとマントラは父母なる神と光の存在に語りかける方法です。瞑想や神聖な雰囲気で沈黙しながら答えを聴くことができます。やがてエゴの欲望は徐々に魂の願望に置き換わっていきます。魂の案内に従わなければなりません。そしてハイヤーセルフの囁きとその後押しに合わせて行かねばなりません。

低次のアストラルプレーンを越えると、自分が創った否定的な幻想に直面します。怖れや罪の意識、恥、無価値観、諦めと運命的な絶望感などがそれです。そのような否定的な考えに直面しても、徐々に怖れるものは何もないことを確信していきます。高次4次元のアストラルプレーンと5次元の低次メンタルプレーンにだんだん踏み込むという二重の自己に生き始めます。少しずつ感情とメンタルにまとまりが出てきて、すると人としての自分自身の抱える多くの側面をひとつの調和した全体として見ることが出来るようになります。そうなると、もうあなたはハイヤーセルフの多元的な側面と一体になるプロセスに入ります。

呼びかけに気をつけているならば、人生の意味を理解しようという願いが大きくなり、決まりきった限られた世の中の向こうにある高い目的を知ろうとします。突然やっていたことや交流していた人たちではもう満足は得られず楽しくなくなります。秘かに進行する聖なる不満が頭の中でますます大きく強くなり始め、感情の中で優位に立ちます。スピリチュアルな知識に対する願望が強くなり、同時に自分はどうしてしまったのだろうと知りたくなるのです。まるで目からブラインドを下ろされたように感じ、全く見知らぬ土地でたった一人取り残されたようになるのです。多分、心の中を打ち明ける人はだれもいなく、孤独感を感じ、一人ぼっちだと感じ始めます。

魂とのコミュニケーションを開き、魂自身の叡智と繋がるまでは、太陽神経叢は物質次元のエネルギーの放射センターとして機能します。そこはまた肉体の感情センターでもあります。魂自身が人生にオーバーライト(魂の光が重なり導く)するようになると、徐々に聖なるハートと聖なるマインドの二つのセンターに繋がります。その結果、太陽神経叢は、徐々に私たちが呼ぶ太陽パワーセンターに変わります。それには、太陽神経叢、心臓、胸腺、喉などが含まれます。その後、聖なるハートはパワーの中心になります。常に命のアダマンティン粒子が聖なるハートセンターから体全体に流れ込み、それから世界に広がっていきます。また、聖なるハートという安息の場で苦しみが和らぎ、強さや共感を感じるのです。

もっと効果的に自分自身を変えるためには、しっかりした土台を築く必要があります。もっと高いメンタル体の叡智に繋がろうとしなければなりません。それによって宇宙の法則と仕組みを理解できるようになります。古い縛り付け、依存してきた信念を手放して覚醒した自己をマスターする考え方に置き換えようとする場合、このことがアセンションの道を歩き始める最初のステップになります。もっと磨かれた新しい考え方と習慣が身につくと、それが新しい人生哲学と、情け深い自分自身になるという見方に変わっていきます。その時には改めて知った知恵を周りの人に伝えるようになります。本質的に、内側を意識する、宇宙の大学に臨むのですが、次の高い覚醒とエンパワーメントの段階に進む前にまずそこで各意識レベルを身につけなければなりません。

自分の内外の現実を変える際には、優先順位をつけることがいいでしょう。あまりにもたくさんのことを一度に変えようとすると、かえって収拾がつかなくなり心地いいものではありません。そういうわけで、苦痛で満足感が生まれず、脇道に転げ落ちて古い自分に逆戻りする人が多くいるのです。だから自分の癖や習慣をよく弁(わきま)えることが重要です。また長年にわたってそういう性質があったことを認めることが大切です。寸断された信念や否定的波動パターンの壁で覆われた、限界という迷路を通らなければなりません。憎しみや恐怖は一番低いエネルギー波動です。陰から抜け出てマインドと自分自身そのものに光を当ててください。闇は、憎しみや貪欲、裁き、コントールや征服欲といった波動がなければ、それ以上大きくなったり、存在し続けることはありえません。

マスター・イエスの説いた“生まれ変わり”という喩えは、本当は、神に与えられた元々の「スピリチュアル/人間」としての状態を手にするために、地球の一人ひとりが意識的に努力して忘却と無知のベールを取り除いていかなければならないという意味だったのです。

愛と思いやりは、人間のもつ光と闇というスペクトルの中で一番高い周波数です。聖なるマインドと聖なるハートから発した閃(ひらめ)き、神聖な思考形態は、物質的世界において一番パワフルで創造的なエネルギーです。聖なるハートの炎は、万能の創造主、アダマンティン粒子という白い炎のエッセンスが顕現したもののひとつです。火の元素は火、気、地、水、それとスピリチュアルなエーテルという5大元素の中の最高の力です。

今、高度な光の所持者である皆さんは、周波数パターンが増大し続ける地球のエーテル体の中で穏やかに安定しています。地球のエーテル体は高次4次元の調和的な周波数に移行しています。同時に低次5次元の周波数の中に螺旋状に上昇する準備をしています。しかし、お分かりのように、時間は加速し、地球はどんどんアセンションの道を急速に進んでいます。そうなると、現実はさらにもっとドラマチックに変わり始めます。かつての真実、‘新しい’人生のあり方やその仕組み、新たな自分自身と考えていたものの殆どは、やがて高いグレードに変わり、時代遅れになります。新しいホログラフィックな全体像が出現し、はっきりわからない中で自分はその中のどこにぴったり合うのだろう、今どうしたらいいのだろうと思うのです。どうか、足元に意識を向けてください。自分の聖なるハートの中心にいて、光で後からやって来る人たちの道を照らし続けてください。沢山の奇跡が起ころうとしています、親愛なる皆さん。自分の真実の上に立ち、自分に正直・誠実でいてください。私たちは皆さんの行く手を照らします。皆さんは一番深く愛されています。

私は大天使ミカエルです。以上の真実をお伝えしました。

I AM Archangel Michael

 

Transmitted through Ronna Herman * Copy freely and share. However, I claim the universal copyright for this article in the name of Archangel Michael.


on-the-path


コメントを送信できません
インスピレーション
ログイン
最新記事
お知らせ
月々新しい翻訳についてメールでお知らせしていますが携帯登録の場合受信できません。ご了承ください。
Admi

上部メニュー「スペクトラム」で皆さんのサイトやブログをご紹介していますのでご希望の方はlightworkerjapan@gmail.com宛お知らせ下さい。
Admi